一人暮らしに最適な間取りの選び方とは!?

「家賃の安さ」と「広さ」のどちらを優先するか?

一人暮らしに合った間取りにはいろいろな種類がありますが、選ぶときにまず考えたいのは、「家賃の安さ」と「広さ」のどちらを優先するかです。賃貸の「家賃」は、高すぎると金銭的な負担が大きくなるため、収入があまり多くない場合や節約をしたい場合は、家賃の安い間取りを選ぶ必要があります。そして間取りの「広さ」は、生活の快適性に関わってくるので、そちらを重視したい場合は広めの間取りを検討するとよいでしょう。一人暮らしに合った間取りには、コンパクトな「ワンルーム」や「1K」、そして専有面積が広めの「1DK」や「1LDK」などがあります。家賃に関しては、当然のことながらコンパクトなほうが安く、専有面積が広いほうが高くなる傾向があると言えます。

おすすめの間取りは?

家賃の安さを優先したい場合は、コンパクトな「ワンルーム」や「1K」がおすすめです。「ワンルーム」はキッチンを含む一つの部屋があるだけの間取りで、「1K」は、キッチンと一つの居室に仕切りがあるものになります。一番家賃が安いワンルームは、帰って寝るだけという生活をしている人に向いていますし、1Kは、キッチンとの仕切りがあるため部屋で自炊をしたい人に向いています。

次に、広さを優先したい場合は、「1DK」や「1LDK」がおすすめです。「1DK」は、食堂付きキッチンと居室が一つ、「1LDK」は、リビングと食堂付きキッチンが一体になった部屋と居室が一つという間取りになります。1DKは、家賃が1Kよりやや高くなりますが、少し広めで家賃もそこまで高くないものがいい人に向いています。1LDKは、間取りが広々としており快適性は抜群ですが、家賃はワンルームの2倍近くになるため、お金に余裕がある人におすすめです。

札幌北区の賃貸では、駐車場のロードヒーティングが重要となります。冬に雪が積もると雪かきをしないと車を出すことができなくなるため、雪を溶かすロードヒーティングが役立つのです。