4人家族のベストな間取りの選び方のポイントは?

間取り選びのポイントは?

4人家族で間取りを選ぶ際のポイントは、夫婦の寝室や個室が必要かどうか、子供部屋が必要かどうか、収納用の部屋が必要かどうかで考えましょう。 夫婦の寝室や個室は、寝る際はリビングを寝室に当てられるため、必要ない場合は考えてる間取りから1~2部屋減らせられます。 在宅での仕事をしている場合は、集中するためにも部屋があったほうがいいと思いますので、1部屋用意する必要があります。 子供部屋は子供が小さいうちは必要ないことも多いですが、近い将来子供部屋が必要な場合には、子供同士を同じ部屋にするのかどうかも考える必要があります。 収納用の部屋に関しては、多くの場合夫婦の寝室や押入れを利用しますが、それでも足りない場合には必要になってくるでしょう。 このように考えると、部屋の数から間取りを出せるので、おすすめです。

間取り選びの注意点は?

必要な部屋数から間取りを選ぶのが基本になりますが、注意すべき点もあります。 例えば、両親や親戚、友人といった来客が多い場合には、ゲストルームとして1部屋確保しておいたほうが便利です。ゲストルームを用意する場合は、フローリングか和室、どちらが必要なのかも考える必要があります。 子供部屋に関しては、子供同士の年齢が近く、小学生低学年では1つの部屋を2人で使う形で十分ですが、小学校高学年・中学生になるとそれぞれの部屋を用意したほうがいい場合が多いです。また、上の子供が独り暮らしを始めるタイミングなども考慮して部屋数を考える必要があるので、注意が必要です。 注意する点としては上記のゲストルームと子供部屋に関する点となりますが、その他の注意点として、将来的に両親と住む可能性や仕事で単身赴任する可能性があるかどうかなどにも注意しましょう。